<< 新刊『新版 教育の政治 子どもの国家』山本哲士著 | main | 新刊 『太宰治:哲学的文学論』       7月25日発売 >>

スポンサーサイト

  • 2017.03.17 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


編集上の理念と実行

 とりあえず、JRCの協力があって、書店への配本をしてきた。
神田東京堂、池袋ジュンク堂など、当社刊行物を非常に好意的にあつかってくださっている。
とりあえず、まだ、点数が足らないが、予算上の課題をクリアしながらひるむことなく、年間6点以上を刊行できるように進めていく。
市場はふたつある。

読者が欲する市場。
書き手が書いていく市場。

前者は、「売れる」という基準が不可避に入ってくるが、後者には「表現市場」のみが基準になり、売れるということは継続のための収支ゼロでさえあればいい。
申し訳ないが、読者市場よりも書き手市場に、EHESCはコミットしていく。既存の出版システムが、それをなしえなくなってきているからだ。

売れるために書き手市場が閉塞していくのはよくない。
だが、歴史書や文学書は、専門的にその場がなんとかなされているようだ、よいことだ。

書き手が、書かれるという場にたいしてのみ表現を表出していく、それを物質的な文化として残していく、それのみを優位にたてる。
書き手が自在に書ける場所を徹底して保証していく。
それは、1億人いて、300人はあると仮定している。
これを、300点までは徹底してやりきる。そのあと、なにかが開かれていくはずだ。なんとか、5年で完遂したいとおもうのだが、著者側が商業主義に物象化されているため、かなり大変ではあるが、徐々に克服されていこう。
やりたいことが著者自身においてもじぶんでしえなくなっている。その不能化をこえていかねばならないのが、幾分いらだつ。

徹底して、ハードで高度であること。質において一切妥協しないこと。

スポンサーサイト

  • 2017.03.17 Friday
  • -
  • 17:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
書籍の申し込み
ehescbook.com へ申し込んでください。
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM